ヘルパーとの連携が求められる老人ホーム看護師求人


高齢化社会が進み、老人ホームの需要も増えています。老人ホームというと介護ヘルパーさんというイメージですが、特別養護老人ホームや介護老人保健施設には看護師は必ず必要となります。有料老人ホームでは必須とはなっておらず、いなくても法に触れることはありませんが、ほとんどの施設でいることが多いようです。
通常老人ホームではヘルパーが、入居者の日常生活のお手伝いをします。ナースが必要なのは、要介護の高齢者ですので何があってもおかしくないため、緊急の際に適切な処置をするためなのです。とは言っても、そんなに日常で緊急事態は発生しないので、ナースであっても食事や入浴の介助を行うことも多くあるのです。
しかし同じ業務をこなしたとしても、両者に支払われるお給料は異なります。ナースの方が高いお金をいただけるのです。ナースにとっては通常の病院で働くよりは業務内容は楽で、お給金もそれなりがいただけるので、条件があえば非常によい仕事なのです。介護職員からいうと資格があるだけで給料が違うのは納得いかないという感じですが、ナースになるまでに相当の努力があるのでそこは仕方ありません。介護職員の求人は多いですが、ナースはそう見かけませんよね。それは、上記のように給料がいいので求人があってもナースはすぐに決まることが多いからなのです。
ただ、自分はナースで介護職員とは違うというプライドの高い人には向きません。最終的には介護業務が主になることが多いからです。介護職員としっかり連携ができるような性格ではないと、この仕事は続きません。