老人ホーム求人に対する履歴書の書き方


社会福祉に関して現代では人不足に陥っています。高齢者社会となっており、介護士の需要は高まっていますが時給の低さ等から介護士を希望する人は少ないです。しかし、老人ホームでの仕事は熱意とやる気が無ければ務まりません。そして経験があればある程に優遇される職種です。そんな老人ホームの求人に応募する時に書く事になる履歴書の書き方には注意が必要です。介護士は社会福祉系の大学を出ていれば優遇されます。全くの未経験であっても大丈夫ですが、高齢者に関して勉強していた場合には優遇される事になります。高卒の場合には学部の表記だけでは経験があるかどうかわからない事があるので、備考欄に記載しておくことが大切です。書類選考では多くの応募があった場合には未経験だと不利になります。未経験でも高齢者への理解があることをしっかりと明記しておくことが大切です。そして、人と接する職業であるので物を相手にする訳では無いので人柄が重視されます。自分の人柄を履歴書に書くのではなく、人柄が分かるような事を書いておきます。例えば体育会系の部活動でキャプテンをしていて、全国大会へチームを導いた等の実績があれば書く事がオススメです。キャプテンは人に慕われる存在でなければ務まらないので、その事を文章から読み取る事が出来ます。老人ホームの仕事は力仕事も多く、夜勤もあるので求人要項をしっかり見て老人ホームという職場に関して理解しておく事が大切です。